こころの友伝道は、一般人に呼びかける大衆伝道ではなく、牧師とチームを組んだ信徒が、教会に求道心をもって訪ねてきた方に対し、洗礼を受けるまでその心の友となって導く個人伝道です。ですから、教会がどのような伝道方法を取ろうとも、必ず必要になる伝道方法と言えます。
この伝道は、長い歴史と神学的検討を経て、次の「3つの基本と5つの実際」を定め、これを繰り返し学びながら実践されています。

3つの基本

  1. 福音の宣教は教会に託された使命であり、キリスト者は時代の問題を共に担いつつ、この使命に召されています。
    (マタイ 25章31~46節など)※
  2. 「こころの友伝道」は、牧師と信徒が互いのパートナーとなり、その祈りと協力によるチームワーク伝道です。
    (フィリピ 2章19~30節など)※
  3. 「こころの友伝道」は、信徒が福音を求める人々のこころの友となり、責任を持って導く伝道奉仕です。
    (ヨハネ 15章13~15節など)※

※『聖書 新共同訳』
 ©︎共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation
 ©︎日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

5つの実際

  1. こころの友伝道奉仕者の資格
  2. こころの友伝道奉仕者の生活設計
  3. こころの友伝道奉仕者の受け持つ対象
  4. こころの友伝道奉仕者の活動内容
  5. こころの友伝道奉仕者の育成

※3つの基本と5つの実際の詳細は、「こころの友伝道の手びき」をご覧ください。